ningen2

社会人になって企業で働くに当たって一番の問題が人間関係といっても過言ではありません。

 

人間関係を良好に保てるというスキルはどこの企業に在籍したとしても必要となってくるスキルになります。

例え、前職で相手が全面に悪い場合でもそれが離職理由なら大げさに話さすことはタブーだと思ったほうが良いです。

 

人間関係が悪いというのは他の要望が受け入れられなかったということよりよほどマイナスだと考えるべきです。

逆に言えば人間関係は良好に築けるというのは企業にとって注目すべき利点だと考えたほうが良いと思います。

 

どうしても多くの人間を抱える企業と言うのはスキルも大事ですが仕事をする上で社員と言うのは歯車のひとつとなりがちです。

誰かと繋がって連携しての仕事というのが当たり前となる中でトラブルを起こすというのはまた同じことを繰り返さないかと捉えられます。

 

転職の面接時は人の荒を言うようなことはなく前向きにその企業の良いところ利点を話すにとどめるのが無難で前職のことを特に人間関係をあまり感情的に率直に答えないということも大事な要素だと私は思います。

 

口が堅いというのは利点です。

 

聞かれているのに話さないというのはマイナスですが、ぺらぺらと話す必要はないのです。

ものは言いようで上手くはぐらかす。相手にそうと悟られないような前向きな言葉で交わすというのも大人としての会話には必要になってきます。

 

物は良いよう。こちらに有利なように人間関係のトラブルも社内のことなので、秘密事項にかかりますのでと曖昧にするのも相手に失礼に当たらない程度に私は時に必要だと思います。

 

企業としては確かに優良なスキルを求める気持ちもありますが「既にいる社員さんと仲良くできるか」、と言う点を実はよく見ている場合があります。

 

人柄は朗らかに、聞かれたことは率直に話して良いと思いますが、誰かのことを話すときには話す相手に対する最低限の配慮を窺わせることも、それが出来る人間とみなされますので、あまり前職への不平不満があったとしても我慢して話さず、少し持ち上げるくらいでも良いかもしれません。

それもわざとらしくならない程度でいいですが、後々のことを考えて悪く言い過ぎることはやめておきましょう。

 

面接時は前向きな姿勢で、前職が自分にとって利点であり育ててくれたもののように感謝の言葉でつづり、人間関係以外の交通の便や当たり障りのない程度の休暇や就業時間帯の不一致で決めたなどに止めて置けば前職の離職理由もあまりマイナスにならずに済むのではないかと思います。

 

その上で、自己アピールのアプローチでより良い職を得るチャンスを作ってください。