転職を成功させる上で大切な事、それは適切なタイミングを見極めることです。
これはどういうことかといいますと、景気がいい時、売り手市場の時を見計らって転職する事が大切だという事です。

 

そんなの当たり前ではないかと思われる方も多いでしょう。
しかし、この当たり前のことが出来ていない人が、世の中には多いです。
例えば不況になって会社の経営が危うくなり、リストラされた人がいたとしましょう。
こういう人は、次は安定した職を探そうと、そう簡単にリストラされなさそうな優良企業に面接を受けに行きます。
しかし、この手の企業は倍率が高いのでまず採用されません。
そうして段々苦しい立場に追い込まれていきます。

 

なぜこうなるのか、それは不況時に優良企業に入ろうとしたからです。
不況時に優良企業に入ることは、好況時に優良企業に入ることの、10倍、いえ20倍は難しいです。

 

だから、不況時にはとりあえず適当な企業にに入り、好況時に転職活動をするのが正しいのですが、世の中の大半の人は、好況時には何もせず、不況時にあわてて転職活動をしようとします。
このやり方では、上手く行くはずがありません。
なので、好況時こそ転職活動をしなくてはいけないのです。

 

といっても、業種や業界によって「好況」の時期は違います。
だからこそ、業種や業界ごとに違う、適切なタイミングを見極めることが何よりも重要なのです。

 

だから、転職を成功させたいなら、面接対策やキャリアカウンセリングに力を入れるよりも、転職しやすい適切なタイミングを見極めることに力を入れましょう。

転職の際に話すべき内容と控えておく内容

現在、勤務している職場を離れる際は、まず直属の先輩・上司に相談の上、退職願を書いて認められれば退職届を提出する流れになることが一般的です。

退職理由は、ネガティブな内容にならないように配慮します。一身上の都合と伝えたとしても、理由を聞かれるケースが殆どです。

 

スキルを活かした転職を希望しているのであれば、その旨を伝えても良いでしょう。ただし、その場合は不満とならない表現が大切です。広い可能性を見たいという思いを伝えるようにします。スキルが身についている場合、転職したい企業など、履歴書・職務経歴書・面接において十分にアピールすることが大切です。

 

現在のスキルに加えて、更なる向上を目指して資格試験を受ける勉強中であることや、今後はどういったことに取り組みたいか、具体的に考えて伝えるよう、心がけることも重要です。模擬面接を受けるなど、転職のための面接に慣れるようにする方法もあります。

 

この時も退職理由を聞かれるケースを考慮に入れ、どういったことを実現させたいから前の職場を離れ、面接を受けたい企業を選んだかを伝える練習をしておきます。時間がなければイメージを繰り返すだけでも実践に役立つ可能性は高くなります。待遇・人間関係に対する不満については面接で話さない方が良いでしょう。

 

ただし、待遇については疑問点を残さないよう質問し、従業員はどういった姿勢で仕事に取り組んでいるかを聴くことは、採用後の勤務を継続できるかに関わります。自信と希望を持っているという姿勢も、相手を納得させる力となり成功につながります。